9月の家庭集会の報告

 たくさん降った雨も一休みの爽やかな気候の中、今月は、8人で集会を始めることができました。司会者による開会のお祈りの後、Mさんの奏楽で、新聖歌18番「おお御神をほめまつれ」を賛美しました。

 きょうのまり子先生のメッセージは、「人間にある神のかたちシリーズ」です。他の動物と違って人間は神様に似せて作られていて、①喜怒哀楽の感情を持っている。②意思伝達の言葉や文字を用いることができる。③選択する意思を持っている。ということを学んできました。

 今回は、「人間は、永遠を思う存在」がテーマです。まり子先生が、きれいな声で小田和正の「たしかなこと」という歌を歌ってくださいました。「時を超えて君を愛せるか」という歌詞が印象的でした。うれしいことも悲しいことも心のひだの思い出をもっていることは、人間の豊かさです。最初の人間アダムの犯した罪は、神様との約束より、自分勝手な判断をしたことです。つまり、自分が神になってしまったことです。相手の立場に立つことができない自己中心の考え、これこそが人間の罪なのです。法的な罪ではなく、自己中心の罪です。

 「このようなわけで、ひとりの人によって、罪がこの世にはいり、また罪によって死がはいってきたように、こうして、すべての人が罪を犯したので、死が全人類にはいり込んだのである。」ローマ人への手紙5:12

人間だけが死を恐れ、人間だけが永遠を求めるようになったのです。その人間に神様は、言われました。

 「罪の支払う報酬は死である。しかし神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスにおける永遠のいのちである。」ローマ人への手紙6:23

 「神はそのひとり子を賜ったほどに、この世を愛してくださった。それは、御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。」

ヨハネ3:16

 つまり、身体は朽ちても、永遠のいのちがあるのです!救い主イエス様に感謝!

参考まり子師のプリントより

[旧約聖書の永遠]伝道の書3:11 申命記33:27 エレミヤ10:10

[新約聖書の永遠]ヨハネ3:16 4:14 5:39 6:68

        ローマ5:21 6:23 

 まり子先生のお祈りの後、新聖歌143番「いとも尊き」を賛美し、最後に季節の歌、今回は「小さい秋みつけた」前奏に秋の雰囲気が感じられました。

 にぎやかに、楽しく食事を共にし、来月を楽しみに閉会しました。

来月の家庭集会は、1020日(火)1030~です。


[PR]

by kateishukai | 2015-09-21 21:59