2017年4月「クルミの木」集会の報告



2017年4月「クルミの木」集会の報告

4月25日(火)3回目の霞が関南病院のカフェで、集まりを持ちました。
入院中のメンバーが退院されるので、霞が関南病院では最後の集会となります。この日は、9名でお話にあった「イイ女」と「ワルイ女」などについての話題に花が咲きました。顔を出してくださった唯一の男性からは、貴重な男性の心の内を聞くことができ、もう一度、男・女の違い、そしてよい関係の築き方を考える時となりました。
そのお話とは、旧約聖書の箴言から「イイ女」と「ワルイ女」についてです。
イイ女=箴言31:10~31
「ワルイ女」箴言5章にあるように、遊女やみだらな女の甘い唇となめらかな言葉(3節)に惑わされると、その歩みは陰府(よみ)の道(5節)に歩みます。確かに悪い女はいるでしょうが、それについていく愚かな男の存在が浮き彫りにされています。だからでしょうか、愚かにならないために、我が子よ、と人生の先輩が、夫婦の性生活の大切さを忠告するのです。15-19節  また、愚かな男を生み出すのは、愚かな女の存在なのかもしれません。 遊女の言葉にのってしまう愚かさは、家での居場所を失い、敬われず、とげとげしい愚痴で傷つき、さみしい思いをしている男性にありがちなのです。
「イイ女」は、31:10-31にあるように、理想的な家庭を経済的にも、精神的にも支える妻の姿です。ここでは、現実離れした「できる女」が記されているようにも思えます。
その経済力、営業力、体力などもです。でも、「できる女」が陥りやすい危険性は、他人のできないところに対して厳しい姿勢をとりがちなことかもしれません。
結婚式の誓いで、夫には妻を愛するように、妻には、夫を敬い従うようにと聖書の教えを伝えますが。妻には、夫を敬い、従うことが難しく、反対に夫も妻を愛する事が難題なのだからでしょう。詳しくは、「愛されたい妻と、尊敬されたい夫」エマソン・エグリッチ
箴言ではできる女になれと言っているのではなく、30節にあるように
「あでやかさは偽りであり、美しさはつかのまである。しかし、主を恐れる女はほめたたえられる。」と、一番大切なことは、主を恐れることなのです。箴言の最初から一貫して神の前にへりくだり、その教えに聴くこと。悪いことは悪いと知り、自らがまず神の前に吟味されることを言われているのではないでしょうか。その神を神とする姿勢が、主を恐れる姿勢となり、人間関係を支える、謙遜さとなっていくのだと思います。
イイ女は、主を恐れる者であり、イイ男も、主を恐れる知恵を持っているものではないでしょうか。

[PR]

by kateishukai | 2017-05-02 11:47