<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2016年2月くるみの木集会報告

2016年2月の家庭集会の報告
 「くるみの木」集会の2回目です。障子が取り払われた大きな窓から見える桜の大木が心なしかなんとなくピンクっぽい雰囲気が感じられました。春がすぐ近くまで来ているようです。
 午前中に教会で告別式があった関係で1:30開始の予定が少しずれましたが、まり子師をはじめ7人が集まりました。開会のことば、お祈りの後、233番「驚くばかりの」を賛美しました。
今回のメッセージは箴言Part3です。知恵に優れたソロモン王は「主を恐れることは知識の始めである。」(1:7)神様を敬うことが人間としての知識の第一歩であり、「愚かな者は、知恵と教訓を軽んじる」と私たちに告げている。「わが子よ、あなたは父の教訓を聞き、母の教えを捨ててはならない。」(1:8)この部分は、前回、自分たちの父や母のイメージを語り合った箇所で父のイメージは、厳しさ、母のイメージは、手取り足取り教え導くそのことが、「あなたの頭の麗しい冠となり、あなたの首の飾りとなる」(1:9)「悪者があなたを誘っても、それに従ってはならない。」(1:10)ソロモンは、孤独に負けやすい今の時代の人々にもしっかりと告げている。1:18,19の「利を貪る者」思わず、オレオレ詐欺を思い出してしまう。又、中南米のコスタリカやエクアドルでは、バナナ生産農場の労働者たちは、12時間労働という人たちがいたり、農薬散布の下での労働に従事したり倉庫では、防腐剤を浴びての労働もあるとのこと、又、カカオ農園では、アメリカでは禁止されている農薬が散布されている農園に売られてきた子供たちが利を貪る人たちに働かされ、結果として無精子症となるという現実がある。強い者が利を貪る結果である。それこそ、ソロモンの言う「歩んではならない悪しき者の道」そのものである。「それを避けよ、通ってはならない、それを離れて進め。」(4:14.15)
ソロモンのことばは、2016年に生きるアジアの日本の私たちにも呼びかけている。「わが子よ、私の言葉に心をとめ、わたしの語ることに耳を傾けよ。それをあなた目から離さず、あなたの心のうちに守れ。それは、これを得る者の命であり、またその全身を健やかにするからである。油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである。」(4:20~23)
ついふらふらと悪の道に誘われていく弱さは、ソロモンの時代でも今の同じである。「あなたの足の道に気をつけよ。そうすれば、あたのすべての道は安全である。右にも左にも迷い出てはならない。あなたの足を悪から離れさせよ。」(4:26,27)毎日のニュースになっている人たちがこのみ言葉にふれていたら・・と心底そう、思いました。
 まり子師のお祈りの後、206番「飼い主わが主よ」を賛美し、今月の季節の歌「早春賦」を季節を感じながら歌いました
その後、飛び入りでオカリナの演奏を聞かせていただいたり、たまたま下のカフェに来られた高橋武夫師ご夫妻(この家庭集会の最初の2年間導いてくださった牧師先生ご夫妻)も私たちの部屋に来てくださり、皆で楽しい時を過ごすことができました。
 次回は3月15日(火)13:30~です。
4月は、目の前の桜のお花見を計画しています。4月5日です。
[PR]

by kateishukai | 2016-02-24 22:28