<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

5月の家庭集会の報告

5月の家庭集会の報告

 場所はいつもの「くるみの木」の2階の貸し切りの部屋です。先月は、大きな窓からまるで日本画のような満開の桜の大木を見ながらの集会でした。5月の集会では、その桜の木が小雨の中で滴るような新緑を見せてくれました。毎月、この大きな窓からその季節ならではの景色を見ることができるのも楽しみです。あいにくのお天気でしたが、まり子師を中心に7人集まることができたことを神様に感謝して集会を始めました。開会のお祈りの後、251番「主イエスの御側に」を賛美し、まり子先生のメッセージです。

まり子先生のメッセージ

箴言シリーズ 5 箴言3章 「知恵の6つの条件」

「長寿の条件」

一つ目の条件は、

「わが子よ、わたしの教えを忘れず、わたしの戒めを心にとめよ」箴言31節、

そうすれば・・・これはあなたの日を長くし命の年を延べ、あなたに平安を増し加える。」

ここに、人類が追い求めてやまない、長寿の条件が記されているのです。それにしても、なんてありふれた条件なのでしょう。いいえ、「教えを忘れず」「戒めを心にとめる」とは、どちらかというと、戒めで「…しなければならない」とがんじがらめに縛られるようで、平安を増し加えるよりも、束縛と不安を増し加えるように思えますが…。

   箴言での「教え」は、1章の「母の教え」でもありましたように、詩篇12節の「主のおきて」と同義語が使われています。神の与えられたおきて、戒めは、イスラエルの民に出エジプトの後与にえられたものです。このような生活・生き方をすればあなた方は神の民、私の宝となるのだよ、と出エジプト19:3~で語られた言葉です。

   とかく、私たちは、おきてをもってこのようにしなければならないとの「すべき」にコントロールされ、犠牲者意識に支配され、神様が宝のように思ってくださっていることを忘れがちですが、この神様の真意を心にいつも覚えていく時に、平安が増していくのではないでしょうか。

実はこの「平安」、新約聖書で、「救い」との同義語なのです。

平安は、災害、失敗、人間関係のストレスがすべてなくなるから平安なのではありません。その中にあっても、罪深い、禍のある世界にあっても、イエスがあなたを救う、罪から自由にするよ、ただ神の前に悔い改めなさい、と語られるのです。

 神に許され、救われた者の心の平安は、誰にも奪うことができない確実なものなのです。

また、長く生きる長寿も祝福なのですが、旧約聖書では、「永遠の命」をも示します。この体は、限りがあり、弱さも、痛みも、病も、死もあります。この肉体から自由になる永遠の世界の祝福もあるのです。

そうすれば…」とあります。実行してみる時に、その平安が、長寿の幸いが味わえることでしょう。

幸いなメッセージ、そして先生のお祈りの後、190番「静けき祈りの」を賛美しました。今月の季節の歌は、熊本県の被災者の方々に早く「ふるさと」が戻るようにとの願いを込めて「ふるさと」を歌いました。おいしいシホンケーキとコーヒーをいただきながらのフリートーキングは、いつも通り、話題が尽きない楽しいときです。ここでは、何を話しても大丈夫という安心感があるなごやかな大切なひとときでした。

次回は、621()13:30~ 「くるみの木」2階です。


[PR]

by kateishukai | 2016-05-27 21:59