<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

7月くるみの木集会報告

くるみの木家庭集会は、定例では、第三火曜日なのでしすが、今月は、箱根聖会と重なったため、第二火曜日712日に開きました。場所がいつもの二階の部屋でなく一階の部屋でしたが、貸し切りで使わせていただくことができました。そして、一階だったので、たまたまくるみの木に来られたS兄も飛び入りで参加することができ、神様に感謝しました。学院が、夏休みに入ったので、牧師先生もご夫妻で出席してくださり、10人でみ言葉を学び、味わう時が与えられました。

始めのお祈りの後、233番「驚くばかりの」を賛美しました。

 今回は牧師先生のメッセージです。聖書箇所は、コリント人への第一の手紙13章1節~8節です。題して「14色の愛」。

 この箇所は、愛の章として有名です。前半の箇所は、「もし愛がなければ」について語られています。どんなに素晴らしい言葉も、信仰すらも、さらには慈善行為も、愛がなければ無に等しいと伝えています。驚くことに、聖書は、信仰よりも愛が大切なのだと明確に主張しているのです。実際に、最後まで残るものは、信仰と希望と愛であると伝えています。しかもそれらの中で、最も大いなるものが「愛」なのだと、13節は述べています。愛を失った信仰は、無に等しい(2節)とまでいう、その愛とは何なのでしょうか。
 4節以下をみると描かれています。光をプリズムにかけると7色にわかれますが、愛を人間と言うプリズムにかけると14色の綺麗な光に分かれるかのようです。その一つ一つは実に見事なものです。愛は・・・・
 寛容であり、   
 愛は情け深い。
 ねたむことをしない。
 愛は高ぶらない、
 誇らない、
 不作法をしない、
 自分の利益を求めない、
 いらだたない、
 恨みをいだかない。
 不義を喜ばないで真理を喜ぶ、そして・・・
 すべてを忍び 
 すべてを信じ
 すべてを望み
 すべてを耐える

 最初の色、「寛容」は、人間関係においては、「すぐに判断しないこと」、「決め付けないこと」とあるとある書物で読みました。私たちは、見かけや、服装などで、人を判断したりします。私たちは、最初の色で、つまずいてしまうかもしれません。実際に、5節以下の愛の部分に自分の名前を入れて読み続けることが出来るでしょうか?きっと読み続けられなくなることでしょう。
 そうです、私たちには本当の意味での愛が内側にあるとは言えないのです。それにも関わらず、自分でこれらのリストを懸命に頑張ろうとすることがあります。努力は尊い事ですが、7色をクレパスに塗ったとしても、そこから光が出ては来ないように、14色を自分の力で塗ったとしても、そこから愛が出てくるわけではありません。愛がなければこうした色は出てこないのです。
聖書には、「愛は神から出たものなのである」(1ヨハネ4:7)とあります。私たちは器として、それを受け取ること、プリズムとしてそれを受け取ることが大切なのです。私たちにとって大切なものは、自分で作り出していません。命も、感謝も、愛もです。私たちは、生きているのではなく、生かされているのです。愛することからではなく、愛を受けることから始まるのです。
 愛をもって人々に仕えたマザーテレサは、毎朝神に祈りをささげて一日を始められました。まして私たちは、まず自分には愛がないことを認め、神に祈って、愛の源なる方からの愛を受けて生きる時、そこから何かが始まるのだと信じています。

メッセージの後、先生のお祈り、そして、172番「望みも消えゆくまでに」を賛美し、神様の愛で数えきれない「めぐみ」をいただいている日々であることを感謝しました。

季節の歌は「夏の思い出」、実際に見て来られた方が、「今頃の尾瀬の水芭蕉は、本当に見事でした。」と思い出を語ってくださいました。

ティータイムでは、牧師先生が「この一ヶ月の間に感謝したことがあれば・・・」ときっかけを作ってくださったので、息子さんの大きな手術の前にご両親、息子さんご夫婦がいっしょに、本当に真剣に祈ることができ、今では息子さんも順調に快方に向かっておられるというお話があり、又、交通事故を起こされた方が、いくつもの感謝に恵まれ、無事に自宅に着かれ、思わず膝まずいて神様に心からの感謝のお祈りをされたことなど話され、聞く人たちも共に感謝したことでした。

 又、仏教とキリスト教の違いから、葬儀についての話題など・・・家庭集会だからこそのお話が次々と出てきて、充実した午後のひと時となりました。

来月は第三週が16日なので、8月も第二週目の火曜日9日13:30~くるみの木一階で開くことになりました。


[PR]

by kateishukai | 2016-07-16 22:10

6月のくるみの木家庭集会の報告

6月のくるみの木家庭集会の報告

 6月21日(火)13:30、メッセンジャー西岡まり子師を初めとして8人がカフェくるみの木の2階のいつもの貸切の部屋に集まりました。窓から見える桜の木は、4月は満開の花、5月は新緑、そして今月は、深い、濃いみどり色の葉がびっしり・・・梅雨の雨を十分に吸収して生き生きとしていました。

 メンバーの皆がお互いの気心もわかっているので、和やかな雰囲気の中で集会を始めることができました。

 開会のお祈りの後、新聖歌206番「飼い主わが主よ」を賛美しました。

きょうのまり子先生のメッセージは、箴言の5回目です。


箴言シリーズ 5 知恵の6つの条件Ⅱ

 成功の条件は、誰もが知りたいことでしょう。

箴言3章3,4節には、・・・すれば、神と人の前に恵みと誉とを得る。その成功の条件が示されています。それは、「いつくしみとまこととを捨ててはならない、それをあなたの首に結び、心の碑にしるせ」3節とあるのです。

①「いつくしみ」とは、「かわいがる。親が子を愛する。情けをかける。いたわり育てる。または、すべての生物にゆきわたる、広大無辺の愛」と言われます。実はこの箇所では、神のいつくしみを捨ててはいけないと記されています。聖書の神は「いつくしみを千代までもほどこし、悪と咎と罪とをゆるすもの、しかし、罰すべきものをば決してゆるさず、父の罪を子に報いて、3,4代におよぼす者」出エジプト記34章7節と言われます。家系の弱さが継承されることは多いですが、悔い改めるだけで、その罪を赦し、新しい恵みを千代まで注ぐ、いつくしみ深い神なのです。このいつくしみを覚える時、他者に対して少しでもそのいつくしみの心をもって接することができるものとなるのではないでしょうか。

②「まこと」とは、聖書では「誠」ではなく「真実」が使われます。それは「堅固なもの、重荷に耐えるもの、信頼に値するもの、有効なもの、永続的なもの」を意味します。変わることのない約束を必ず守られる神であること。そして信頼を築き上げるその真実さが人間関係で大切であることを示しているのです。

このいつくしみ(恵)とまこととは、新約聖書では、イエスキリストによって示されました。イエスの人生を見る時に、このいつくしみとまこととを知ることができるのです。表面的な成功・誉は、人を高慢に導きますが、内面的な成功・誉は、いつくしみとまこととにあふれる人の中にあるのではないでしょうか。


「いつくしみ」と「まこと」という大切な2つのことばを深く味わい、心に留めることができました。感謝です。

先生のお祈りの後、233番「驚くばかりの」を賛美しました。今月の季節のの歌は、梅雨の真っただ中なので「てるてる坊主」です。元気よく歌っているうちに雨も上がったようです。

 ティータイムでは、日常生活や時のニュース、普段感じていることなど話題は尽きません。気の置けない人たちばかりなので安心して話せるという雰囲気がいいなと感じました。

 来月は第3火曜日は、箱根聖会があるのでくるみの木集会は、7月12日の第二火曜日です。


[PR]

by kateishukai | 2016-07-03 23:29