<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

9月のクルミの木報告

「台風が来る」との予測の中、9名のメンバーが集まってきました。
夏が終わり、秋を時々感じる朝晩にピッタリな歌 小さい秋を歌いました。
今回は、西岡まり子副牧師から、聖書の格言、箴言の中から「人生で頼りになるもの」についてかたられました。

皆さんは何を頼りに生きていらっしゃいますかとのインターネットでの質問への答えは・・・
一番多い答えは、「自分」でした。例えば・・・
A.頼るべき物は、ただ自分の力あるのみ。・・宮本武蔵
当てが外れてガッカリするより武蔵の生き方で、
誰も当てにしないで日々生きています。
でも、病気や事故を体験し、最後の頼みの自分さえも、頼れないものなのだと気付いた人の答えもありました。
A.ちなみに私はいままで頼ってきたものに裏切られ続けて生きてきましたから、今ではどうでもよくなりました。
ようするに頼れるものが見つかりません。
私たちが、人生の経験を積めば積むほど、頼れるものがないことに気付くのですが。この震源の中では、はばからずに
「心をつくして主に信頼せよ、自分の知識に頼ってはならない。
すべての道で主を認めよ、そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」箴言3:6と言われます。
ここでの「頼る」とは、「自分のすべてを投げかけるよう」な全面的な信頼です。
そんな全存在をゆだねられても、人間だと支え切れません。命の創始者であり、この命に責任を持って送り出し、天(永遠)に迎え入れてくれる存在。この世界を作られた方に頼るのです。
「すべての道で主を認め」るとは、人生で起こる一つ一つのことが、神の導きの中にあることを受け止めます。偶然と人はいうかもしれませんが、運命というか、天からの命でなっているのではないでしょうか。
一つ一つの出来事を認めていく時に、その人生の道のりがまっすぐ(英語では、clear, Straight, smooth)にされていくのです。永遠の国を目指しながら。

次回は10月18日(火)です。

[PR]

by kateishukai | 2016-10-09 08:30