クルミの木集会の名前を変更します! 『霞が関集会』です。5月15日の「霞が関集会」

クルミの木集会の名前を変更します! 『霞が関集会』です。
よろしくお願いします!!

5月15日の「霞が関集会」は、
霞が関南病院のカフェで7名が集まり、かなり本音のお話が飛び交う、ひと時が持たれました。
今回から、新約聖書のイエスキリストの生涯をたどりながら、聖書の有名なストーリ―を追い、いろんな事を話し合っていきたいと思います。
まず、初回は、イエスキリストの洗礼式。マタイ3:1~17

バプテスマ(洗礼)って何?  マルコ1:1-11、ルカ3:21-22
キリスト教の信仰告白の儀式であり、水の中で罪の自分に死に、キリストの命に新しく生かされることの象徴です。
清く、新しくなりたいと言う願いは、変わらなければならないという罪びととしての自覚から生まれるもの。だから、バプテスマを受ける人は、「悔い改めよ。天国は近づいた」とのバプテスマのヨハネのメッセージに応答して、悔い改める人なのです。
 ここで、変わるためには、自らの間違い、失敗、自己中心性、神の恵みをないがしろにしてきたことに気が付き、神の前に悔い改めることが、出発点となります。
でも、わたしたちは、自らの過ちよりも、他人、家族、伴侶の過ち、嫌なところに目が行き、責める思いの方が先行してしまいます。(ここでは話に花が咲きました、そうだそうだ!と)でも、その状態では、新しくなれないですね。
どうしてイエス様が受けたの?
イエスが神の子ならば、罪を犯してないから、悔い改めである洗礼を受ける必要もないのでは? 洗礼を授けていたヨハネもそのように問うたのです。マタイ3:14
でもイエスは、「今は受けさせてもらいたい。このように、すべての正しいことを成就するのは、われわれにふさわしいこと」と言われます。それは、旧約聖書イザヤ53:12「とがある者と共に数えられた」等の預言が成就するためなのです。預言では、神は「我々のすべての者の不義を彼の上におかれ」8節「多くの人の罪を負い、とがある者のためにとりなしを」するといわれます。12節。人間の罪を解決するために、イエスが神の子という枠を乗り越えて、近づいてきてくださったのです。
天から声が言ったように、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」。神様自身の心の思いも、人間の苦しみに対する、救いを願っているのです。

[PR]

# by kateishukai | 2018-05-20 08:13

クルミの木集会  2018年4月

423日火曜日に 霞が関南病院のカフェテリアでランチをしました!

500円で、今日のスパゲティと飲み物とおまけにデザートまでついているのです。

スパゲティもおいしくてホクホクしながら、8名の女子会となりましたが、お話の内容はとても厳粛なものでした。(以下お話の要約です)

今年は41日がイースター。教会にはクリスマスよりも大切だともいえるイエス・キリストの復活をお祝いする日です。もし、イエスキリストが復活しなかったら、キリスト教は存在しないことでしょう。

 十字架にかかって死なれて3日目によみがえったキリスト。人間の限界を超えた信じられない復活だから、イエスを神であると信じ、救いを求めるのです。でも、本当のことを言うと、神であるイエスが死なれたということの方が、衝撃的でした。

命ある人間は、誰でも必ず死を迎えます。どんなに富や、名声、力、幸いを得たとしても何も持ってくことのできない死を迎えます。ある意味、一番平等な瞬間なのかもしれません。そのような死だから、人は怖れ、崖ぶちに追い詰められるように死を捉え、後ずさりする人もいます。しかし、三浦綾子は、「私には、死ぬという大切な仕事がある」と言って死を永遠への通過点と考え、準備をしました。それは、大空に羽ばたく滑走路のように捉えているからではないでしょうか。死の先に何を見るか、見えないのかによって、現在の生きる心が変わってくることでしょう。

聖書の中では、イエスだけでなく、人間も永遠の世界に生きることが記されています。

もし、イエスを死人の中からよみがえらせたかたの御霊が、あなたがたの内に宿っているなら、キリスト・イエスを死人の中からよみがえらせたかたは、あなたがたの内に宿っている御霊によって、あなたがたの死ぬべきからだをも、生かしてくださるであろう。」ロマ8:11

この、先の世界をどのように捉えているかにより、私達の今日の心が変わっていくのではないでしょうか。


[PR]

# by kateishukai | 2018-04-29 08:41

2月27日クルミの木の集会の報告

2月27日火曜日のクルミの木の集会の報告をいたします。


2月27日 霞が関南病院のカフェで7名が集まり、昼食を囲みながら、お墓や教会、そして神様の話に至るまでの現実的で幅広い話題に沸いたひと時となりました。

まり子牧師が風邪のために出席できず、聖書の話は次回に延期となりました。


[PR]

# by kateishukai | 2018-03-04 08:09

11月のクルミの木集会 紅葉盛りの平林寺

11月のクルミの木集会は、

28日に、11名で紅葉盛りの平林寺に出かけてきました。

b0332500_07574344.jpg


都内からも鳩バスが何台も来るぐらいの見事な紅、黄、赤、緑、竹林の青緑が、点在し、ため息が出るような色彩に心癒されました。

でも、参加者は、花より団子と言って、帰りに食べた昼食のお味にご満悦。

 帰り道、Sさんのところに皆でお邪魔しました。お互い元気そうな顔を見て、さらにニコニコ顔になり、帰路につきました。

 

 12月は教会のクリスマス会に合流します。次回は新年になります。

この心温まる季節に、たくさんの喜びがありますことお祈りしております。



[PR]

# by kateishukai | 2017-12-02 07:58

10月17日 クルミの木集会

2017年10月のクルミの木集会は、Mさんの入院先の霞が関南病院で10人が集い、聖書の箴言から「争いについて」学びました。争いの絶えない現状に、ため息交じりの会話が飛び交い、もう一度戦争になった…時のことも少し考えました。
 それにしても、南病院はバリアフリーで、食堂も充実しているので、次回は昼食もいただきながら、軽く語り合う予定にしています。
 また、紅葉ツアーを企画しています!

争いについて
「あなたに悪い仕打ちをしていないのなら、理由もなく、人と争うな、3:30 新改訳」
「邪魔」の一言から、死に至る争いに発展する昨今。
1、争いの元は、
・「憎しみは争いを起し、愛はすべての咎をおおう」10:12
・「憤りやすい者は争いをおこし、怒りをおそくする者は争いをとどめる」15:18
・「偽る者は争いを起し、告げ口(陰口)するものは親しい友を離れさせる」16:28   
・「あざける者を追い出せ。そうすれば、争いも出て行く。けんかも悪口もやむ」22:10
・「争いを好むものは罪を好む。その門を高くする者は滅びを求める」17:19
罪とは、自分を絶対者の座におく、自己中心の姿です。帝国主義時代、占領国は
アジアの国々を野蛮な国とし、支配してもよいとの国際法を造りました。おのれを高くし、利益を追求する心。怒り・憎しみなどの感情をコントロールできない人の限界・弱さが、争いの元を生み出していくのでしょう。そうだとしたら、争いの無い人はいないのではないでしょうか。
2、争いを超越した人
敵に井戸を何度奪われても、譲り、争わない「柔和な人」と言われたアブラハムの息子のイサクが聖書に書かれています。新約聖書でイエスは、
「柔和な人たちは、さいわいである。彼らは地を受け継ぐであろう」マタイ5:5、そして「平和を作り出す人たちは、さいわいである。彼らは神の子と呼ばれるであろう」5:9と言われ、自らが無実の罪で訴えられた時、争わず、裏切った弟子や群衆への恨み、冤罪を作り上げた宗教家たちへの憎しみ・怒りでもなく「父よ彼らをおゆるし下さい、彼らは何をしているのかわからずにいるのです」と祈られたのです。そのイエスの敵さえも愛していく心に触れる時、私達も同じように変えられるのではないでしょうか。
「憎しみは争いを起こし、愛はすべてのとがをおおう。」10:12
平和は世界大のことです。と同時に、自分の心、家族の中に一番大きな力を発します。心に平和を持つことができるのです。

[PR]

# by kateishukai | 2017-10-29 08:29