7月くるみの木集会報告

くるみの木家庭集会は、定例では、第三火曜日なのでしすが、今月は、箱根聖会と重なったため、第二火曜日712日に開きました。場所がいつもの二階の部屋でなく一階の部屋でしたが、貸し切りで使わせていただくことができました。そして、一階だったので、たまたまくるみの木に来られたS兄も飛び入りで参加することができ、神様に感謝しました。学院が、夏休みに入ったので、牧師先生もご夫妻で出席してくださり、10人でみ言葉を学び、味わう時が与えられました。

始めのお祈りの後、233番「驚くばかりの」を賛美しました。

 今回は牧師先生のメッセージです。聖書箇所は、コリント人への第一の手紙13章1節~8節です。題して「14色の愛」。

 この箇所は、愛の章として有名です。前半の箇所は、「もし愛がなければ」について語られています。どんなに素晴らしい言葉も、信仰すらも、さらには慈善行為も、愛がなければ無に等しいと伝えています。驚くことに、聖書は、信仰よりも愛が大切なのだと明確に主張しているのです。実際に、最後まで残るものは、信仰と希望と愛であると伝えています。しかもそれらの中で、最も大いなるものが「愛」なのだと、13節は述べています。愛を失った信仰は、無に等しい(2節)とまでいう、その愛とは何なのでしょうか。
 4節以下をみると描かれています。光をプリズムにかけると7色にわかれますが、愛を人間と言うプリズムにかけると14色の綺麗な光に分かれるかのようです。その一つ一つは実に見事なものです。愛は・・・・
 寛容であり、   
 愛は情け深い。
 ねたむことをしない。
 愛は高ぶらない、
 誇らない、
 不作法をしない、
 自分の利益を求めない、
 いらだたない、
 恨みをいだかない。
 不義を喜ばないで真理を喜ぶ、そして・・・
 すべてを忍び 
 すべてを信じ
 すべてを望み
 すべてを耐える

 最初の色、「寛容」は、人間関係においては、「すぐに判断しないこと」、「決め付けないこと」とあるとある書物で読みました。私たちは、見かけや、服装などで、人を判断したりします。私たちは、最初の色で、つまずいてしまうかもしれません。実際に、5節以下の愛の部分に自分の名前を入れて読み続けることが出来るでしょうか?きっと読み続けられなくなることでしょう。
 そうです、私たちには本当の意味での愛が内側にあるとは言えないのです。それにも関わらず、自分でこれらのリストを懸命に頑張ろうとすることがあります。努力は尊い事ですが、7色をクレパスに塗ったとしても、そこから光が出ては来ないように、14色を自分の力で塗ったとしても、そこから愛が出てくるわけではありません。愛がなければこうした色は出てこないのです。
聖書には、「愛は神から出たものなのである」(1ヨハネ4:7)とあります。私たちは器として、それを受け取ること、プリズムとしてそれを受け取ることが大切なのです。私たちにとって大切なものは、自分で作り出していません。命も、感謝も、愛もです。私たちは、生きているのではなく、生かされているのです。愛することからではなく、愛を受けることから始まるのです。
 愛をもって人々に仕えたマザーテレサは、毎朝神に祈りをささげて一日を始められました。まして私たちは、まず自分には愛がないことを認め、神に祈って、愛の源なる方からの愛を受けて生きる時、そこから何かが始まるのだと信じています。

メッセージの後、先生のお祈り、そして、172番「望みも消えゆくまでに」を賛美し、神様の愛で数えきれない「めぐみ」をいただいている日々であることを感謝しました。

季節の歌は「夏の思い出」、実際に見て来られた方が、「今頃の尾瀬の水芭蕉は、本当に見事でした。」と思い出を語ってくださいました。

ティータイムでは、牧師先生が「この一ヶ月の間に感謝したことがあれば・・・」ときっかけを作ってくださったので、息子さんの大きな手術の前にご両親、息子さんご夫婦がいっしょに、本当に真剣に祈ることができ、今では息子さんも順調に快方に向かっておられるというお話があり、又、交通事故を起こされた方が、いくつもの感謝に恵まれ、無事に自宅に着かれ、思わず膝まずいて神様に心からの感謝のお祈りをされたことなど話され、聞く人たちも共に感謝したことでした。

 又、仏教とキリスト教の違いから、葬儀についての話題など・・・家庭集会だからこそのお話が次々と出てきて、充実した午後のひと時となりました。

来月は第三週が16日なので、8月も第二週目の火曜日9日13:30~くるみの木一階で開くことになりました。


[PR]

# by kateishukai | 2016-07-16 22:10

6月のくるみの木家庭集会の報告

6月のくるみの木家庭集会の報告

 6月21日(火)13:30、メッセンジャー西岡まり子師を初めとして8人がカフェくるみの木の2階のいつもの貸切の部屋に集まりました。窓から見える桜の木は、4月は満開の花、5月は新緑、そして今月は、深い、濃いみどり色の葉がびっしり・・・梅雨の雨を十分に吸収して生き生きとしていました。

 メンバーの皆がお互いの気心もわかっているので、和やかな雰囲気の中で集会を始めることができました。

 開会のお祈りの後、新聖歌206番「飼い主わが主よ」を賛美しました。

きょうのまり子先生のメッセージは、箴言の5回目です。


箴言シリーズ 5 知恵の6つの条件Ⅱ

 成功の条件は、誰もが知りたいことでしょう。

箴言3章3,4節には、・・・すれば、神と人の前に恵みと誉とを得る。その成功の条件が示されています。それは、「いつくしみとまこととを捨ててはならない、それをあなたの首に結び、心の碑にしるせ」3節とあるのです。

①「いつくしみ」とは、「かわいがる。親が子を愛する。情けをかける。いたわり育てる。または、すべての生物にゆきわたる、広大無辺の愛」と言われます。実はこの箇所では、神のいつくしみを捨ててはいけないと記されています。聖書の神は「いつくしみを千代までもほどこし、悪と咎と罪とをゆるすもの、しかし、罰すべきものをば決してゆるさず、父の罪を子に報いて、3,4代におよぼす者」出エジプト記34章7節と言われます。家系の弱さが継承されることは多いですが、悔い改めるだけで、その罪を赦し、新しい恵みを千代まで注ぐ、いつくしみ深い神なのです。このいつくしみを覚える時、他者に対して少しでもそのいつくしみの心をもって接することができるものとなるのではないでしょうか。

②「まこと」とは、聖書では「誠」ではなく「真実」が使われます。それは「堅固なもの、重荷に耐えるもの、信頼に値するもの、有効なもの、永続的なもの」を意味します。変わることのない約束を必ず守られる神であること。そして信頼を築き上げるその真実さが人間関係で大切であることを示しているのです。

このいつくしみ(恵)とまこととは、新約聖書では、イエスキリストによって示されました。イエスの人生を見る時に、このいつくしみとまこととを知ることができるのです。表面的な成功・誉は、人を高慢に導きますが、内面的な成功・誉は、いつくしみとまこととにあふれる人の中にあるのではないでしょうか。


「いつくしみ」と「まこと」という大切な2つのことばを深く味わい、心に留めることができました。感謝です。

先生のお祈りの後、233番「驚くばかりの」を賛美しました。今月の季節のの歌は、梅雨の真っただ中なので「てるてる坊主」です。元気よく歌っているうちに雨も上がったようです。

 ティータイムでは、日常生活や時のニュース、普段感じていることなど話題は尽きません。気の置けない人たちばかりなので安心して話せるという雰囲気がいいなと感じました。

 来月は第3火曜日は、箱根聖会があるのでくるみの木集会は、7月12日の第二火曜日です。


[PR]

# by kateishukai | 2016-07-03 23:29

5月の家庭集会の報告

5月の家庭集会の報告

 場所はいつもの「くるみの木」の2階の貸し切りの部屋です。先月は、大きな窓からまるで日本画のような満開の桜の大木を見ながらの集会でした。5月の集会では、その桜の木が小雨の中で滴るような新緑を見せてくれました。毎月、この大きな窓からその季節ならではの景色を見ることができるのも楽しみです。あいにくのお天気でしたが、まり子師を中心に7人集まることができたことを神様に感謝して集会を始めました。開会のお祈りの後、251番「主イエスの御側に」を賛美し、まり子先生のメッセージです。

まり子先生のメッセージ

箴言シリーズ 5 箴言3章 「知恵の6つの条件」

「長寿の条件」

一つ目の条件は、

「わが子よ、わたしの教えを忘れず、わたしの戒めを心にとめよ」箴言31節、

そうすれば・・・これはあなたの日を長くし命の年を延べ、あなたに平安を増し加える。」

ここに、人類が追い求めてやまない、長寿の条件が記されているのです。それにしても、なんてありふれた条件なのでしょう。いいえ、「教えを忘れず」「戒めを心にとめる」とは、どちらかというと、戒めで「…しなければならない」とがんじがらめに縛られるようで、平安を増し加えるよりも、束縛と不安を増し加えるように思えますが…。

   箴言での「教え」は、1章の「母の教え」でもありましたように、詩篇12節の「主のおきて」と同義語が使われています。神の与えられたおきて、戒めは、イスラエルの民に出エジプトの後与にえられたものです。このような生活・生き方をすればあなた方は神の民、私の宝となるのだよ、と出エジプト19:3~で語られた言葉です。

   とかく、私たちは、おきてをもってこのようにしなければならないとの「すべき」にコントロールされ、犠牲者意識に支配され、神様が宝のように思ってくださっていることを忘れがちですが、この神様の真意を心にいつも覚えていく時に、平安が増していくのではないでしょうか。

実はこの「平安」、新約聖書で、「救い」との同義語なのです。

平安は、災害、失敗、人間関係のストレスがすべてなくなるから平安なのではありません。その中にあっても、罪深い、禍のある世界にあっても、イエスがあなたを救う、罪から自由にするよ、ただ神の前に悔い改めなさい、と語られるのです。

 神に許され、救われた者の心の平安は、誰にも奪うことができない確実なものなのです。

また、長く生きる長寿も祝福なのですが、旧約聖書では、「永遠の命」をも示します。この体は、限りがあり、弱さも、痛みも、病も、死もあります。この肉体から自由になる永遠の世界の祝福もあるのです。

そうすれば…」とあります。実行してみる時に、その平安が、長寿の幸いが味わえることでしょう。

幸いなメッセージ、そして先生のお祈りの後、190番「静けき祈りの」を賛美しました。今月の季節の歌は、熊本県の被災者の方々に早く「ふるさと」が戻るようにとの願いを込めて「ふるさと」を歌いました。おいしいシホンケーキとコーヒーをいただきながらのフリートーキングは、いつも通り、話題が尽きない楽しいときです。ここでは、何を話しても大丈夫という安心感があるなごやかな大切なひとときでした。

次回は、621()13:30~ 「くるみの木」2階です。


[PR]

# by kateishukai | 2016-05-27 21:59

4月の家庭集会の報告

4月の家庭集会の報告

第3週の火曜日が定例の家庭集会ですが、4月は、桜の花を見ながらの集会ということで、第1週の火曜日4月5日に繰り上げて開かれました。会場の「クルミの木」の2回の部屋は、障子が取り外され、大きな窓から見える満開の桜の大木は、さながら日本画を見ているようでした。出席者は10名。時間もいつもより30分早く、1300開始で、第一部は、身体の栄養タイムで「クルミの木」特製のお花見ランチをいただきました。デザートまでおいしくいただいた後は、第二部 心の栄養タイムです。お祈りの後、賛美477番「原に若草が」を賛美しました。

まり子先生のメッセージ

()見のこころ、その魅力   マタイ62830

桜が咲いたら、花見に行きますか?との問いに、9割が行きますと答える桜好きの日本です。

桜の魅力とは何でしょう?

1、その美しさです。 マタイ6:28 桜に限らず、野に咲く花にでさえ、高価な宝石や美しい衣装にも劣らない美しさがあります。古代イスラエルの一番栄えた王は、ダビデ王の息子であるソロモンです。知恵に満ちている王ですが、その富をもって着飾っても、この花の一つほどにもならないというのです。マタイ6:29 桜の美しさも、お金では替えられないものです。

美しさに感激し、価値を覚え、美しさを求める人間は、自分が人からどのように見られるか気にしすぎる特徴もあります。美しくなければいけないと思ったり。「みっともない」と裁いたりする心です。 外面に、体裁に心奪われ、自分の自信を失ったり、どのように体裁を整えるかにあくせくしたり、不安に思ったりすることは、聖書にある、「着物の心配」なのではないでしょうか。

3031節にあるように 野の花でさえこのように装ってくださるのだから、あなた方には、それ以上よくしてくださるのです。それが、心配無用の理由なのです。 

2、もう一つの桜の魅力とは、そのはかなさです。花の命はもって1週間。 今日咲いていて、明日刈られ焼かれてしまう野の草でさえ神がこのように装ってくださるのなら、あなた方には、それ以上よくしてくださらないはずがあろうかと、だから思い煩うなと、神はチャレンジされるのです。

桜のはかなさと、人間のはかなさは必ず肉なるものが朽ちるという共通点もありますが、大きな相違点もあります。桜咲く4月は、入学式の新しい門出を祝うと同時に、卒業式、別れをも味わいます。人との出会いを重ねるごとに人生の豊かさが増します。はかないながらも、とても濃密な人生なのです。そして終わる人生であると同時に、永遠に存在する魂の故に、永遠の世界を持つ存在なのです。そんな、あなた方に、それ()以上によくしてくださらないはずがあろうかと、そんな神様なのだよと教えてくださるのです。だから、何をもって自分を美しく見せようかと、心配する必要はないのです。神に作られたそのままの姿で十分に美しいのです。

先生は、大きな絵本を持て来てソロモンの絵を見せてくださったので、その時代の様子がよくわかりました。先生のお祈りの後は、286番「シャロンの花」を賛美し、季節の歌は、目の前の桜を眺めながら「花」を歌いました。

 み言葉で心満たされた後のティータイムでは、日常のさまざまな話題が語られ、賑やかな、心楽しい時を過ごすことができました。

次回は5月は17日(火)13:30~「クルミの木」2階にて開く予定です。


[PR]

# by kateishukai | 2016-04-08 09:39

2016年3月家庭集会の報告

2016年3月家庭集会の報告
冷たい雨が降る肌寒い日が続いたので、足元の悪い中を会場まで来られるのは、大変だろうと心配していました。朝、雨戸を開けると晴れ!「よかった。」と思っていたのですが、昼前から風が強くなり、気温もあまりあがりませんでした。そのような中、8人のメンバーが風にも負けず、風邪にも負けずに、集うことができて感謝でした。定刻13時30分にお祈りで始まり、続いて384番「主よ御手もて」を皆で賛美しました。
まり子先生のメッセージは、箴言の4回目です。「わが子よ」と呼びかけられる箴言は、はるか2000年以上も前の内容が、2016年に生きる私たちに生き生きと伝わるということに不思議を超えたものが感じられます。
1章後半では、強い者が弱い者からかすめ取る「利をむさぼる者の道」(1:19)は、現代も同じであり、貪欲への誘惑に気を付けるように教えられます。その良いことと悪いことの区別ができ、物事を正しく判断できる人になるには、どうすればいいかが「わが子よ」2:1と呼びかけられて記されているのです。実は2章全体を通して「人生は求道である」ことが記されています。
① まずは、人生は求めること。何を求めるかと言うと知恵を求めます、しかも熱心に。「あなたの耳を知恵に傾け、あなたの心を悟りに向け」(2:2)見失った大切な物を熱心に探すように「銀を求めるように、これを求め、かくれた宝を尋ねるように、これを尋ねるならば」「あなたは主を恐れることを悟り、神を知ることができるようになる」(2:4,5)人間も素晴らしい科学の知恵を求めてきましたが、神の前で恐れへりくだることなしでは、人間の驕り、高ぶりで科学の用い方を誤り、大変なことになるのは、人類の歴史が語っているところです。
②後半は、道について語られます。生きることは道を歩むことではないでしょうか。「正しい人のために、確かな知恵をたくわえ、誠実に歩む者の盾となって、公正の道を保ち、その聖徒たちの道筋を守られる。」(2:7,8)ここでは、2種の道があるようです。公正の道、そして悪の道。「慎みは、あなたを守り、悟りはあなたを保って、悪の道からあなたを救い、偽りをいう者から救う。」(2:11,12)知らず知らずのうちに、その道に迷い入ってしまうこともあるかもしれませんが、わかっていても、悪の道を歩んでいく人たちもいることでしょう。まさに驕り、高ぶりから罪を犯す現代の人たちに向かって語られているようです。「彼らは正しい道を離れて、暗い道に歩み、悪を行うことを楽しみ、悪人の偽りを喜び、その道は曲がり、その行いはよこしまである。」(2:13,14)平成27年度390億円の被害を出して、日々、新聞やテレビで報道されている振り込め詐欺がここまで拡大してきた、悪に歩む人々の心理が映し出されているようです。
「正しい人は、地にながらえ、誠実な人は地にとどまる」(2:21)「しかし、悪しき者は、誠実な人は地にとどまる。しかし、悪しき者は地から断ち滅ぼされ、不信実な者は、地から抜き捨てられる」(2:22)
 人は、どの道を歩むかで人生が決まります。道は、歩みの連続です。そして、道によりたどり着くところが違います。小さなことにも誠実に向き合い、コツコツと感謝をもって生きる日々の連続が道となります。神を畏れて歩む日々こそ、箴言を通して神様が私たちに望んでおられる道であるのではないでしょうか。
聞いている一人一人の心にしっかりと伝わるメッセージに感謝しました。
 
まり子先生のお祈りの後、22番「御神の愛をば」を賛美しました。今月の季節の歌は、「おぼろ月夜」です。近くの畑や河原など、ちょうどあちらこちらで菜の花を目にする時季で、季節感を味わいながら歌いました。
 *4月の家庭集会は定例の第三火曜日ではなく、会場の「くるみの木」の前の桜が満開の頃を考え、第一火曜日4月5日時間も定例より30分早く13:00開始で、桜を愛でつつランチタイムをもち、食後に学びの時を持つ予定です。
[PR]

# by kateishukai | 2016-03-24 00:28 | 家庭集会